黄酒(紹興酒)
お酒のラベル
 生産国
中国
 生産地方
 
 分類
中国酒
 タイプ
乾型黄酒、半乾型黄酒、半甜型黄酒、甜型黄酒
 主原料
糯米、 麦麹 、酒薬

スーパーやコンビニ、酒店などへ行くと紹興酒は必ずと言っていいほど陳列されています。今は身近なお酒として日本人に好まれるようになりました。紹興酒は甘い香りと味で飲みやすいお酒です。深みがある味わいなので少し冷やして飲むのも良いですし、飲み方も工夫次第で味わいが変化します。ロック、ストレート、ホットと季節や気分によって楽しみ方を変えてみるのも良いでしょう。風邪気味の時には生姜をすって入れると体が温まり甘い口当たりで飲みやすくなります。また辛味のある料理にも合いますし色々と組み合わせしやすいお酒です。この紹興酒は、中国のお酒ですが二中国交正常化により両国間において、互いの文化や食材、お酒などにも興味を持つようになり中国酒についても人気が出てきました。紹興酒は中国特産の銘酒で、日本の酒造も目をつけら伝統的手法を身につけとり入れています。昔ながらの伝統的な手法により、深い味わいを出せることに成功していますし、世界三大美酒のひとつとして紹興酒はあげられる伝統ある中国酒です。今から800年前の中国は「金」という時代に、当時の皇帝「章宗」がこよなく愛したお酒としても有名です。、紹興酒も中国の地域によって名前が異なっていて、古越龍山の紹興酒は皇帝「章宗」が親しんだ釣り場にちなんで名付けられた釣魚台とも言われていますし、やはり歴史ある飲み物であることは確かです。また紹興は女の子が生まれ時、地元で作った紹興酒一本を大事に保管し、嫁ぐ時に渡すなど地域によって味わい方や楽しみ方などが様々で比較してみるのも良いでしょう。祝い事には必ず出される紹興酒は中国の家庭においては必要な飲み物として出されています。中華料理のこってりとした料理にも合いますし、食欲不振の時にも紹興酒を飲むと不思議と元気が出てくるので体調に合わせてアレンジして飲む方も多いです。
中国では紹興酒を温める専用の酒器も売ってますし、旅行へ行った時に探してみるのも良いですね。紹興酒の歴史は古く2500年もあるので中国へ旅行に行った際にまず味わってみると良いかもしれません。紹興酒作りにおいて、とても大事にしているのは綺麗な水です。湖の水を何度も濾過し、綺麗な水を使用していますので中国では黄酒としての代名詞で有名になりました。技術力が必要になる紹興酒は味わい深いですし、世界中で人気があるお酒です。

関連ページ

記事はありませんでした


まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら