十四代
お酒のラベル
 生産国
日本
 生産地方
山形
 分類
日本酒
 タイプ
純米酒、純米吟醸、純米大吟醸
 主原料
龍の落とし子、山田錦

山形の高木酒造が製造している十四代は、フルーティーな味わいが特徴となっています。従来の大吟醸は苦みというものが強く、なかなか大衆に受けないという問題を抱えていました。しかし十四代は甘みの強い大吟醸を造ることによって、一気にブレイクすることとなりました。十四代はプレミアが付いている銘柄も多数あるため、非常に高値で販売されています。今でも新しいものが多数販売されていることはよく知られています。
フルーティーな甘みというものを感じられるのに、キレとのど越しというものは凄くしっかりしています。甘みを引き立たせてはいるものの、日本酒に無ければならない部分はしっかり確保されていると考えてください。非常に飲みやすくて力強い銘柄であり、多くの方が気に入って購入するというケースが多くなっています。それ故にプレミアが付いており、日本酒の中でも最高クラスに匹敵するくらいの銘柄にまで上り詰めました。

この十四代が誕生した背景には、ある逸話も残されています。日本酒は商業登録をすることで販売することが可能となりますが、どのような銘柄にするのかで迷っていたことがあったそうです。そんな時に十四代だけではなく、十三代や十五代といった銘柄を次々に申請して、利用できないか考えていた時代がありました。その時に商標登録で通ったのが十四代だったので、この銘柄で販売することが決まったそうです。他の名前は既に利用されており、使えませんでした。
十四代がブレイクしたのは平成6年くらいのことです。当時の大吟醸は苦みの強く、日本酒のスタンダードと呼ばれるものばかりが人気となっていました。しかしこれでは女性の方がなかなか日本酒に手を出してくれないこともあり、新たな手法で十四代が作られたのです。巷で甘みがあっておいしいという評判が次々と広まったことにより、十四代は多くの方が飲みたいと思うようになりました。今でもその人気は根強く、色々な銘柄を購入して飲まれています。

日本酒はプレミアの付いているものも多数あることは事実ですが、それによって購入しづらいと感じることもあります。しかし十四代は飛ぶように売れているために、本当に美味しい銘柄なんだということを多くの方が分かっているのです。十四代シリーズは色々な物があり、ちょっとした違いによって大きな変化を加えている部分もあります。名物社長が生み出した最高傑作との呼び声も高く、多くの方がその味に酔いしれています。

関連ページ

洗心

久保田、朝日山など数多くの銘酒を輩出している朝日山酒造。この酒造が満を持して出す季節限定商品が『洗心』(せんしん)です。 洗心の味の特徴は

記事を読む

菊姫

日本酒元来の味わいが楽しめる「菊姫」 現在何かと注目を集めている「北陸地方」ですが、その北陸・石川県の代表的な存在とも言える日本酒が「菊姫

記事を読む

亀の翁

新潟県の久須美酒造が造る「清泉『大吟醸』亀の翁」は、とても落ち着いた味わいのお酒です。一口含むとフルーティな香りが立ち上りますが、決して派手

記事を読む

久保田

久保田といえば、日本酒ファンならば誰もが知っている銘酒です。このお酒は米どころ新潟県の長岡市にある朝日酒造株式会社の商品です。 久保田は従

記事を読む

越乃寒梅

「幻の酒」と呼ばれる日本酒は多くありますが、必ず名が挙がるのが越乃寒梅でしょう。おいしい日本酒として必ず名前が上がりますし、それほどお酒に親

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら