雪舟
お酒のラベル
 生産国
日本
 生産地方
福井
 分類
日本酒
 タイプ
純米吟醸
 主原料
五百万石

竹田酒造店は、創立が慶応2年の老舗、新潟県上越市にある酒蔵です。どちらかというと、規模は大きくない酒蔵ですが、周りに踊らされることなく、一本筋の通った信念を貫いてこられた、そんなお店です。というのも、80年代、世の中は端麗辛口がブームとなりました。同じ上越市内の酒蔵も、ブームに乗って端麗辛口に乗り換えていったそうです。そんな中、竹田酒造店はかたくなに「お米の旨さ」にこだわり続けました。そして、その完成品ともいえる銘柄が「大吟醸・雪舟」です。今でも地元の人に愛され続けているお酒です。

原料は兵庫県産の山田錦のみ。その味わいは、コクのある旨口です。口に含むとふっくらと柔らかく、そして辛みの中に甘味が感じられます。
「本来日本酒は味があるもの。口に含んだ時パッと深みが広がり、喉元でスッと切れる。そう言う幅のある酒が理想。需要があっても水のような酒は造らない」
土地とともに生き、成長する、という信念のもと酒づくりをされているのです。

そんな雪舟に、「春毅」という名のつくものもあります。
これは、十代目となった、竹田春毅さんの作られたものです。地元でもなかなかお目にかかれない、「幻の酒」と言われているとか。竹田酒造店ならではの「小仕込み」で「低温で発酵に長期間かけ」られたお酒です。使用されているお米は、山田錦と、新潟産の越淡麗。そのため規格は純米吟醸になります。けれど、その味わいは大吟醸に匹敵するほど。芳醇で、深みのある味わいです。

「甘い酒を甘く感じさせず、辛い酒を辛く感じさせない。濃潤な酒を重く感じさせず、最高の深みとキレと芳香を目指し、小仕込み低温発酵にて限定で醸しました」
と春毅氏は語っています。
その通り、口に入れると甘味が静かに寄ってきて、でも決して甘すぎることはありません。やがて口の中で旨みが膨らみますが、どこかさらりとしていて、やってくるのは仄かなピリリ。辛いわけではありません。酸味と渋みは少なく、あくまで旨みを上手にサポートしている。まさに、春毅氏が言われる通りのお酒に仕上がっています。決して大きい酒蔵ではないけれども、伝統を守ってこられたからこそつくり出せる味があります。
手抜きなく、熟練の杜氏の手によって丁寧に作り出される名酒・雪舟。それは他の酒蔵が真似のできなかった、深い味を生み出すことに成功したお酒です。
一口のめば、「お米」の味が感じられる日本酒を味わうことができるでしょう。

関連ページ

明鏡止水

洗練された酒という印象の強い「明鏡止水」は、長野県佐久市にある大澤酒造で作られています。 長野県の東部に位置し、古くから良質の米と水に恵ま

記事を読む

黒龍

黒龍という銘柄は、初代蔵元石田屋二左衛門によって福井県松岡の土地で1804年(文化元年)に興されました。松岡という土地は、藩主松岡氏に奨励さ

記事を読む

田酒

日本人の原点でもある「田」を、大胆にも銘柄として名づけた日本酒が西田酒造店の「田酒」です。名前の通り、醸造用アルコール、醸造用糖類を一切使う

記事を読む

菊姫

日本酒元来の味わいが楽しめる「菊姫」 現在何かと注目を集めている「北陸地方」ですが、その北陸・石川県の代表的な存在とも言える日本酒が「菊姫

記事を読む

八海山

八海山は、新潟の地酒を代表する名酒です。 そしてまた、日本酒ブームの火付け役ともなった銘柄でもあります。 その特徴は、口に含めば柔らかく

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら