真鶴
お酒のラベル
 生産国
日本
 生産地方
鹿児島
 分類
焼酎
 タイプ
芋焼酎
 主原料
さつまいも

人気の高い焼酎を作ることで有名な「万膳酒造」ですが、その中でも最もレアと言われる部類に入る焼酎が「真鶴」です。
手作りにこだわる「万膳」の中でも特に手がかけられており、年間で一季のみという「超・限定販売品」となっています。そのため、同酒蔵が制作している「萬膳」に比べると焼酎好きでもまだ名前を知らない人も多い、「知る人ぞ知る」焼酎でもあります。

手作りの白麹が使われている芋焼酎「真鶴」の味は、ソフトでありながらしっかりとした旨味が特徴のひとつ。やわらかで素直な味であるのに、静かな意志を感じさせる味です。
どちらかというと熱燗・お湯割りに向いており、特にお湯割りではかなり薄めに割っても旨味が消えないのが嬉しい点ともなっています。
もちろんグッと濃く作り、「真鶴」の味わいを存分に愉しむのもおすすめです。

「真鶴」を作る万膳酒造があるのは、鹿児島の霧島山に流れる川の近く。実はこの「万膳酒造」、一度酒造りがストップしていた期間があり、多くの焼酎ファンを嘆かせました。酒蔵が再興されたのは、今からさほど遠くない平成11年のこと。再興以前の前「万膳」から作られていた「真鶴」の味には変わりがありません。地元・鹿児島の新鮮な素材と手作りの麹にこだわった酒造りは高い評価を得て、現在もトップクラスの人気蔵・人気酒であり続けています。

小規模な蔵であるため生産・販売数が非常に少なく、特約した店舗のみでの販売がほとんど。
特に「真鶴」については、ネットショップでは「銘酒」として紹介するに留め、通信販売不可とするところも少なくありません。

「真鶴」はその素材はもちろん、麹・仕込みに至るまで「手作り」にこだわった、まさにオール・ハンドメイドな逸品。海に昇る朝日と、空を駆ける鶴を描いたラベル貼りについても、もちろん手仕事となっています。そのため、時々ボトルに貼られたラベルに「歪み」や「滲み」を発見することもあります。
しかし、それもまた真鶴の「味」のひとつ…と、かえって喜ぶ焼酎ファンも少なくありません。

ひとつひとつ貼られたのであろうラベルに込められた「想い」も一緒に味わいたい、そんな「善き酒」は非常に珍しい存在です。
いまや「スーパープレミアム」クラスと言われるほどの希少酒となっている「真鶴」ですが、もしも味わえる機会があれば是非、試しておきたい酒と言えるでしょう。

人気の高い焼酎を作ることで有名な「万膳酒造」ですが、その中でも最もレアと言われる部類に入る焼酎が「真鶴」です。
手作りにこだわる「万膳」の中でも特に手がかけられており、年間で一季のみという「超・限定販売品」となっています。
そのため、同酒蔵が制作している「萬膳」に比べると焼酎好きでもまだ名前を知らない人も多い、「知る人ぞ知る」焼酎でもあります。

手作りの白麹が使われている芋焼酎「真鶴」の味は、ソフトでありながらしっかりとした旨味が特徴のひとつ。
やわらかで素直な味であるのに、静かな意志を感じさせる味です。
どちらかというと熱燗・お湯割りに向いており、特にお湯割りではかなり薄めに割っても旨味が消えないのが嬉しい点ともなっています。
もちろんグッと濃く作り、「真鶴」の味わいを存分に愉しむのもおすすめです。

ひとつひとつ貼られたのであろうラベルに込められた「想い」も一緒に味わいたい、そんな「善き酒」は非常に珍しい存在です。
いまや「スーパープレミアム」クラスと言われるほどの希少酒となっている「真鶴」ですが、もしも味わえる機会があれば是非、試しておきたい酒と言えるでしょう。

関連ページ

村尾

村尾は、知る人ぞ知る、薩摩のプレミアム焼酎と言われています。村尾がなぜこれほどのプレミアムがつくかというと、たった一人で作り上げているこだわ

記事を読む

晴耕雨読

晴耕雨読は、鹿児島県南九州市で造られる芋焼酎です。 鹿児島県揖宿郡頴娃町産の黄金千貫を100%使用し、蔵に湧き出る開聞山系の地下水と白麹で

記事を読む

赤霧島

赤霧島は他の霧島シリーズと異なり、紫芋「ムラサキマサリ」が原料となっています。紫芋から作られるお酒ですが、色合いは透明。それではなぜ「赤」な

記事を読む

川越

豊かな味のこだわりの芋焼酎 焼酎川越は、九州宮崎県は国富町にある川越酒造で生まれました。町の北西部にある釈迦岳を源流とする豊かで美味し

記事を読む

櫻井

この焼酎の特徴は、とにかく芋の味が分かりやすいということです。焼酎は芋から作られるのですが、制作している過程で芋の味が無くなってしまい、本当

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら