ジャック・ダニエル
お酒のラベル
 生産国
アメリカ
 生産地方
テネシー リンチバーグ
 分類
アメリカンウィスキー
 タイプ
テネシー・ウィスキー
 主原料
とうもろこし ライ麦 酵母

ジャック・ダニエルは創立者の名前を取っており、会社も創立者の名前がそのまま採用されています。このウィスキーの特徴としては、昔から続くまろやかな味わいです。過去に作られていたジャック・ダニエルも同じような味になっており、今でもその味が変化することはありません。辛いと思うような部分をしっかりと持たせながら、まろやかな味わいでのど越しがしっかりしているのが特徴的な部分です。日本でも多くの方が愛飲していることで知られています。
最近では味を更に甘くしている商品も提供されており、蜂蜜などをウィスキーに入れる試みも行われています。こうした新しい商品を今でも提供しているメーカーであり、進化を続けていることを見せてくれています。ちなみにアサヒビールが輸入権を取得しており、基本的にアサヒビールから国内で販売されていることになります。生産しているのは現地ですが、輸入して販売しているのは国内メーカーであるということです。

このジャック・ダニエルが誕生したのは1860年代のことで、現在は100年以上の歴史を持つ銘柄となっています。当時は販売等は一切行っておらず、ただ試作を繰り返しているような形となっていました。しかし1900年代に入ると、博覧会に出品する等の活動に入り、ここで最高評価を得ることになります。これがジャック・ダニエルの名声を高め、一気に世界中に知られることとなりました。
ところが1919年に禁酒法と呼ばれる法律が施行されます。これによって蒸溜所は閉鎖に追い込まれることとなり、事実上ジャック・ダニエルは消えることとなります。法律が消えた後は、甥が再建に乗り出すこととなりましたが、その甥が死去した後に次ぐものがいなかったため、現在は別の会社に買収されて、現在に至ることとなります。とうもろこしを80%利用している製法は今でも変わっておらず、アルコール度数の高さというのもそのままになっています。

このジャック・ダニエルは何故かロックミュージシャンに好かれる銘柄として逸話が残されており、このウィスキーが好きだと言っている有名人は、何故かロック関連の人ばかりという話です。しかし一般の方でもかなり飲みやすいものであり、多くの方から愛されている銘柄の1つです。

関連ページ

ノアーズ・ミル

ノアーズ・ミルはケンタッキー州バーズタウンで生産される昔ながらの力強いバーボンです。 バーズタウンでも一番小さな蒸留所で生産されるこのウィ

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら