サッシカイア
お酒のラベル
 生産国
イタリア
 生産地方
トスカーナ  ボルゲリ
 分類
赤ワイン
 タイプ
フルボディ
 主原料
カベルネソーヴィニヨン カベルネフラン

トスカーナを越えたスーパートスカーナと呼ばれて世界的なブームを巻き起こしたワイン、それが、サッシカイアです。
サッシは石と言う意味で、カイヤは○○な場所と言う意味があり、石だらけの畑でカベルネ・ソーヴィニヨンに最適の地質でした。85%を超えるカベルネ・ソーヴィニヨンがメインのワインは当時のD・O・C法により原産地名称を名乗れませんでした。
サッシカイアは、ボルゲリが、異なるテロワールの偉大なワイン産地であることを証明し、ボルゲリ・サッシカイアとして、イタリアでは唯一、単独ワイナリーでのD・O・C昇格を果たしました。サッシカイアは法律さえも変えたワインなのです。

ソライアやオルネライアはサッシカイアの成功にあやかって、名付けられたという逸話もあります。
サッシカイアのモットーは”フィネス・バランス・酸を備えた古き良きボルドー”とされています。
サッシカイアはマリオ・インチーザ侯爵のボルドーワイン好きが高じて、1944年にボルドーのシャトー・ラフィットから持ち込んだカベルネ・ソーヴィニヨンの苗を作付したのがはじまりです。1960年代は自家消費用として作られていましたが、ワインの味わいから評判を呼び1970年代になると、世界的な販売を開始しました。1990年代には全世界で熱狂的なブームとなり、今でも元祖スーパートスカーナとしてトスカーナワインやボルドーワインにまでも影響を与え続けています。サッシカイアはボルゲリ地区の製造で、同じトスカーナにあるブルネッロ・ディ・モンタルチーノやキャンティとは異なる温暖な気候が特徴です。日中は暖かく、夜は海風で冷え込む事から、温度差が生まれブドウの濃縮を高めながら、肉厚の果汁を育てます。もともと湿地帯だった土壌は、石灰質、粘土質が入り組んでいて海に近い事から、ミネラルも豊富です。
熟したブラックチェリーやベリーにローズマリーなどのハーブを思わせるアロマ、果実味と共に広がるミネラルやスパイスのニュアンス。
壮大な構造の中に溌剌とした酸、それと同じくらい感じられる果実の甘味と旨みが力強いタンニンに溶け込んでおり、余韻には黒スグリや杉のような風味が心地よく広がります。

サッシカイアはスムースでキメ細やかなタンニンに、最初から旨みが溶けだしています。まさに、古き良きボルドーです。
特に近年では2011年目のサッシカイアは2000年以降最高と評価する最高の出来で、1985年1988年1997年1998年の伝説のヴィンテージに匹敵すると言われています。

関連ページ

記事はありませんでした


まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら