ポール・ジロー
お酒のラベル
 生産国
フランス
 生産地方
コニャック グラン・シャンパーニュ
 分類
ブランデー
 タイプ
コニャック
 主原料
 

ポール・ジローはブランデー業界において、唯一ブドウの収穫を手摘みで行っています。機械で収穫する方法はとても楽なのですが、それによって傷をつける恐れがあります。また痛んでいる物をブランデーにするのは良くないことで、不純物が入り込んでしまうこともあります。それを避けるために行っているのが、手作業によって摘み取る方法です。ポール・ジローはこれを創業当時から続けており、品質管理に妥協を許さない姿勢を持ち続けています。
そんなポール・ジローのブランデーは、熟成年数によって味が変わるという特徴を持っています。提供されているのは15年と25年が多くなっていますが、15年はフレッシュな味わいが特徴で、25年になるとマイルドな味わいとなります。ブランデーらしい辛さというものもしっかり残っており、その中で熟成されている風味が変わってくる形となります。15年物はよく見かけると思いますが、25年になると専門店にしか置いていないことがあります。

妥協を許さない姿勢は、生産という部分にも多く関わってきます。1800年代後半からコニャックの生産に取り組み、ブランデー業界に参入したポール・ジローですが、創業当時からブドウの状態を見て熟成を行っているのです。ブドウの状態が悪くなれば、当然粗悪なブランデーが出来るという考えを持っており、そのタイミングや状況を逐一確認しています。これによってポール・ジローの安定的な生産が出来るようになり、いいものだけが生まれるようになりました。
この銘柄は、コニャックは自然の賜物という言葉を受け継ぎ、自然の状況を見ながら無理をさせないようにしています。無理をさせれば失敗するということを代々受け継ぎ、今のオーナーも昔と同じように生産をしているのです。何も変わらない製法を続けることによって、何時でもポール・ジローの味は同じようになっているというメリットも生まれています。

妥協を許さない生産方法を続けることによって、ポール・ジローの名前は世界各国で知られるようになりました。大きな畑を持っているにもかかわらず、それを手で摘み取るという作業はとても大変で、時間のかかることであるのは間違いありません。しかしその中でしっかりとしたものを作るため、妥協をすることはありません。

関連ページ

カミュ

カミュというブランデーは、味も非常に素晴らしく、パッケージやボトルに工夫を凝らしている商品が多いです。通常のボトルも多数存在しますが、これは

記事を読む

ペイラ

本来ブランデーにはヴィンテージ表記をすることが許されていません。これはブランデー自体は昔から作られているものの、ヴィンテージ表記に値するほど

記事を読む

ゴーティエ

ゴーティエはブランデー愛好家の中ではよく知られたブランデーです。ボトルシップで有名な老舗コニャックメーカー『ラーセン』の子会社で1886年に

記事を読む

ヘネシー

ブランデーの中でもかなりの歴史を持っているヘネシーは、その地方で一番いいとされているブドウだけを利用して作られています。色々なブドウを混ぜて

記事を読む

ミュコー

フランスのブランデーであるミュコーは、ウイスキーの様にオレンジ色が美しく透けています。 歴史は100年以上も昔の1862年オーガスタ・クリ

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら