ペイラ
お酒のラベル
 生産国
フランス
 生産地方
コニャック グラン・シャンパーニュ
 分類
ブランデー
 タイプ
コニャック
 主原料
 

本来ブランデーにはヴィンテージ表記をすることが許されていません。これはブランデー自体は昔から作られているものの、ヴィンテージ表記に値するほどにはならないと言われているからです。従って殆どのブランデーには、例え昔の商品でもヴィンテージとつけてはいけないことになっています。しかしペイラはそれを許された銘柄なのです。1800年代に作られている銘柄が数多く存在するためであり、ブドウに大きな病気が発生する前に作られている物を、ヴィンテージとして扱ってもいいことになっています。
それほどの高い評価を受けている銘柄としても有名なのですが、生産数が少ないことでも知られています。

一見すると長い期間熟成させているので、辛みが強いと思われがちです。しかしペイラの味は柔らかいものとなっており、初めてブランデーを飲む方にもそんなに辛いと感じないかもしれません。その上で香り高く仕上がっているのが特徴で、飲む前から凄い香りが漂ってくる銘柄です。これも熟成期間を長くしたことによって生み出されたものであり、樽内のアルコール度数まで管理した結果が、こうした味わいに変わってきているのです。
ペイラには1つのエピソードがあります。1800年代後半に発生したフィロキセラという病気があるのですが、この状態でも残り続けていた銘柄として知られています。この時は多くのブランデーが生産不能となるくらいで、フランス国内に大きな打撃を与えてしまいました。しかしペイラは長期間の熟成を行っていたこともあり、一部の銘柄だけは残り続けていたのです。まさに奇跡と言われているくらいで、ヴィンテージが許される理由となった部分もあります。

銘柄としては非常に古く、なお且つ多くの名声を獲得していることは間違いありません。非常に味わい深いブランデーとして提供され、納得させてくれる味という部分があります。非常に高い値段で販売されていることも多く、なかなか手に入らない銘柄の1つとなっています。特にヴィンテージものは、とんでもない値段となるケースがあります。

関連ページ

カミュ

カミュというブランデーは、味も非常に素晴らしく、パッケージやボトルに工夫を凝らしている商品が多いです。通常のボトルも多数存在しますが、これは

記事を読む

ゴーティエ

ゴーティエはブランデー愛好家の中ではよく知られたブランデーです。ボトルシップで有名な老舗コニャックメーカー『ラーセン』の子会社で1886年に

記事を読む

クルボアジェ

洋酒に詳しくない方でも、ナポレオンの名を冠したお酒が存在することはご存知なのではないでしょうか。 現在、多くの洋酒にナポレオンの呼称が用い

記事を読む

マーテル

「王侯の酒」として知られるブランデー。現在でも高級酒として広く知られ、世界中で数多くのブランデーが販売されています。数多のブランデーのブラン

記事を読む

ヘネシー

ブランデーの中でもかなりの歴史を持っているヘネシーは、その地方で一番いいとされているブドウだけを利用して作られています。色々なブドウを混ぜて

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら