八海山
お酒のラベル
 生産国
日本
 生産地方
新潟
 分類
日本酒
 タイプ
吟醸酒、大吟醸、純米吟醸、純米大吟醸
 主原料
山田錦、五百万石、ゆきん子舞

八海山は、新潟の地酒を代表する名酒です。
そしてまた、日本酒ブームの火付け役ともなった銘柄でもあります。
その特徴は、口に含めば柔らかく淡麗、でもその中にキレがあり、旨みが膨らむ…まさに新潟のお酒のスタンダードと言えるスタイルです。八海山を生み出している白海醸造は大正11年創業の老舗です。会社がある南魚沼は、よく知られているとおり絶品のお米がとれる地域です。
仕込みの時期は、深い雪に覆われますが、それによって大気中のほこりや雑菌から酒蔵が守られ、天然の冷蔵庫となることで、酒造りをするにはまたとない恵まれた場所でもあります。

昭和30年代、多くの酒蔵が大量生産に乗り出した折にも、ひたすら「高品質」なお酒を求め、独自の道を歩んできました。常にお客様へ「よりよいお酒を」という理念から、職人たちが伝統を守り、さらにそれを磨いてきた結果、日本酒ブームの時には、その火付け役ともなりました。そのころ八海山の吟醸は、滅多に手に入らない「あこがれのお酒」であったという話もあります。

八海山と名の付く銘柄は、吟醸酒から原酒、にごり酒などと幅広く存在します。
その神髄は普通酒にあるかもしれません。
現社長の南雲二郎氏は、「いくら良い吟醸酒を造っても、普通酒がおろそかになっては意味がない。うち(八海山)は、仕事の疲れを癒す普通酒こそ一番力を注がなくてはなりません」という話をされたことがあるそうです。

新潟の酒造好適米「五百万石」を、60%精米して作られる「清酒 八海山」は、普通酒でありながら本醸造に匹敵するほどの味です。常温でもよし、冷や燗にしてクッといくのもよし。芳醇な旨みを持ちながら、スッキリ淡麗で、さらりと喉をこえていくその味は、毎日の晩酌にしても飽きることはありません。まさに、霊峰・八海山に湧き出る水のように、すっと私たちの体を潤してくれることでしょう。
それもこれも、八海山をつくり出す職人たちが、時代に流されず、ただただ「品質を落とさずに、自分たちが自信をもっておいしいと言えるお酒をつくること。そしてお客様にとってもおいしいお酒であること。それをもっとたくさんのお客様に飲んでもらって、日本酒をおいしいと楽しんでもらえること」を求めてやってこられた結果でもあります。
そんな酒蔵の職人たちの気持ちが、一本一本にこもったお酒なのです。

関連ページ

亀の翁

新潟県の久須美酒造が造る「清泉『大吟醸』亀の翁」は、とても落ち着いた味わいのお酒です。一口含むとフルーティな香りが立ち上りますが、決して派手

記事を読む

田酒

日本人の原点でもある「田」を、大胆にも銘柄として名づけた日本酒が西田酒造店の「田酒」です。名前の通り、醸造用アルコール、醸造用糖類を一切使う

記事を読む

十四代

山形の高木酒造が製造している十四代は、フルーティーな味わいが特徴となっています。従来の大吟醸は苦みというものが強く、なかなか大衆に受けないと

記事を読む

洗心

久保田、朝日山など数多くの銘酒を輩出している朝日山酒造。この酒造が満を持して出す季節限定商品が『洗心』(せんしん)です。 洗心の味の特徴は

記事を読む

黒龍

黒龍という銘柄は、初代蔵元石田屋二左衛門によって福井県松岡の土地で1804年(文化元年)に興されました。松岡という土地は、藩主松岡氏に奨励さ

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら