明鏡止水
お酒のラベル
 生産国
日本
 生産地方
長野
 分類
日本酒
 タイプ
本醸造、純米酒、大吟醸、純米大吟醸
 主原料
山田錦、美山錦

洗練された酒という印象の強い「明鏡止水」は、長野県佐久市にある大澤酒造で作られています。
長野県の東部に位置し、古くから良質の米と水に恵まれた、四季の移り変わりが感じられる自然豊かな環境にあります。酒作りが300年以上も続く大変歴史のある老舗酒蔵で、地元に根付いた酒を造り続けています。信州のまぼろしの酒とも言われ、地元のみならず各地で熱い称賛を受けています。
その名は四字熟語の由来の通り、一点の曇りもない鏡、静かに称えている水のように研ぎ澄まされた職人の心が作る、澄み切った酒を意味し、現在は大学で醸造学を学ばれた御兄弟がその歴史を守りながら、さらに進化を目指した酒造りに取り組んでおり、目が離せない注目の酒蔵です。

明鏡止水は澄み切ったお酒というだけあって、和食はもちろんですが、どんな料理にも合わせやすい飲みやすさが特徴です。甘すぎず辛すぎず、酒度で+2~+4ぐらいのものが主流で販売されています。
酒好きに幅広く好まれる辛さですが、中でも純米酒、純米大吟醸は個性がありながらも、酒本来の旨さが際立っています。もちろん、使用する酒米によっても、その香りや味わいには違いがあります。
やはり王道である山田錦を使った酒は、価格に比例して間違いのない力強さのある旨さと言えるでしょう。しかし、美山錦を酒米に使った酒も、なかなか華やかで魅力的な味わいの特徴が感じられます。

近年では雄町を使用した明鏡止水も発売されており、柔らかく澄んだ味わいとして評価されています。そしてその特徴を知る為にも、一度はこの明鏡止水の原酒を飲み、その上質な旨味と重厚感を味わって頂きたいところです。
また注目すべきところは、商品の瓶やラベル、字体などがとても独特で、ターゲット層に合わせた商品化をしている点です。日本酒としての重みや高級感を感じるものから、女性や若者が興味を持ちそうな商品まで、幅広く展開している印象を強く感じます。
最近では、焼酎やウィスキーに人気がとられ、日本酒に興味を持つ人が少なくなってきましたが、日本酒は世界にも誇れる素晴らしい酒です。
味だけでなく、その歴史も深く知って欲しいところです。
この歴史ある大澤酒造の敷地内には、「大澤酒造民族資料館」も併設されており、かつての生活用品や酒造りの道具などを見る事ができ、代表作の「信濃のかたりべ」などの試飲も出来ます。
建造物にも独特の趣が感じられ、酒通の人にはたまらない魅力の詰まった場所ですので、一度は足を運んでみたいものです。

関連ページ

黒龍

黒龍という銘柄は、初代蔵元石田屋二左衛門によって福井県松岡の土地で1804年(文化元年)に興されました。松岡という土地は、藩主松岡氏に奨励さ

記事を読む

洗心

久保田、朝日山など数多くの銘酒を輩出している朝日山酒造。この酒造が満を持して出す季節限定商品が『洗心』(せんしん)です。 洗心の味の特徴は

記事を読む

亀の翁

新潟県の久須美酒造が造る「清泉『大吟醸』亀の翁」は、とても落ち着いた味わいのお酒です。一口含むとフルーティな香りが立ち上りますが、決して派手

記事を読む

久保田

久保田といえば、日本酒ファンならば誰もが知っている銘酒です。このお酒は米どころ新潟県の長岡市にある朝日酒造株式会社の商品です。 久保田は従

記事を読む

十四代

山形の高木酒造が製造している十四代は、フルーティーな味わいが特徴となっています。従来の大吟醸は苦みというものが強く、なかなか大衆に受けないと

記事を読む

まんがく屋はスピードが自慢!最短で10分以内にご返答いたします!

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら